JPEG画像を無劣化でクロップ・サイズダウン・回転できるフリーソフト

普通にリサイズ(縦横の長さを変更)、クロップ(切り抜き)するソフトは五万と有ります。

しかし、これらのJPEG編集ソフトは再圧縮を毎回しているため、する度に劣化しています。自分みたいにオリジナルのままの品質を残したいっていう神経質な人には再圧縮は許せないのです。(JPEGの時点で・・・と言わないで!)

そこで自分みたいな神経質な人にオススメなWindows用フリーソフトを紹介します。デジカメで撮影したJPEG画像に使うといいです。

寄付歓迎だそうです。またプログラム関連の書籍や雑誌も歓迎中です。

JPEGファイル切り出しプログラム buff

ダウンロードはコチラ(ベクター)

JPEGファイルの処理を工夫して、画像劣化を伴わない方法でトリミングを行います。

JPEG画像は複雑な符号化?で画質を保ちながらファイルサイズを減らしています。この符号化に逆らうことなく切り抜くことによって劣化を防いでいます。主にデジカメ画像を3:2に切り抜く際に使えると思います。(正直LaFiCaというアプリ要らないような・・・再圧縮なのかこのソフトと同じ切り抜き方なのか分からないし)

制限として8px単位の切り抜きとなります。

詳しい説明は同梱のreadme.txtを見てください。

JPEGファイル圧縮プログラム carmine

ダウンロードはコチラ(ベクター)

デジタルカメラや一般的なソフトウェアは、応答速度を優先するため(やその他の理由で)、JPEGによる画像圧縮の一部について簡易的な処理を行っています。その部分を処理することによって情報量が減らない形で、つまり画像劣化が起こらない形でファイルサイズを減らします。

ハフマンテーブルの最適化」と「撮影情報の削除」の2つの方法で画像のファイルサイズを減らします。

詳しい説明は同梱のreadme.txtを見てください。

JPEGファイル回転プログラム azure

ダウンロードはコチラ(ベクター)

画像劣化が起こる可能性のある、「DCT(離散コサイン変換)処理」をバイパスすることによって、まったく劣化の行わない処理を行います。

劣化しないので、90度回転を4回行うと元のファイルとまったく同じファイルが出来あがります。

詳しい説明は同梱のreadme.txtを見てください。

サンプル

MoreLomoで撮影したオリジナル画像(200KB) 無料iPhoneカメラアプリ「MoreLomo」で撮影した食べ終わったお節料理の写真です。日本料理にMoraLomoは最強です。よくある美しい写真に早変わりです。(204KB)

carmineで最適化後にbuffで3:2にでクロップした画像 それをcarmineで最適化後、buffで3:2にクロップしたのが左の写真です。無劣化なので184KBです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。