スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリンクを自動消去する嫌儲な人向けのGreaseMonkeyScript。2ちゃん発

iPhone板@2ch(アプリが値下がりしたらageるスレが初出だったと思う)で面白いブックマークレットが書かれていたので紹介します。

javascript:void(function(){for(var i=0,d=decodeURIComponent,a=document.getElementsByTagName("a");i<a.length;++i)if(a[i].href.match(/^http:\/\/click\.linksynergy\.com\/.*RD_PARM1=(.+)%252526uo/))a[i].href=d(d(RegExp.$1));})()

これをブックマークレットとして使えばよいのですがページごとに毎回やるのはイマイチめんどくさい。ということで人気アドオンのGreaseMonkey用のScriptにちょっとだけいじって移植してみる。

指定したアドレス(今回はすべてのページ)のページを読み込むとそのScriptが実行されアフィリエイトリンクが正規リンクに早変わりします。

以下のサンプルではすべてのURLに適応し、アンカータグ<a>で参照されているアフィリンクをすべて正規リンクにします。

*(アスタリスク)はワイルドカードです。

// ==UserScript==
// @name           Delete App Afi Link
// @version        1.0
// @namespace      http://philvy.blog76.fc2.com
// @description    アフィリンクを正規リンクにします。
// @include        http://*
// @include        https://*
// ==/UserScript==

(function ()
{
    for (var i = 0, d = decodeURIComponent, a = document.getElementsByTagName("a"); i < a.length; ++i) if (a[i].href.match(/^http:\/\/click\.linksynergy\.com\/.*RD_PARM1=(.+)%2526uo/)) a[i].href = d(d(RegExp.$1));
})()

またこのGreaseMonkeyScriptは悪用すれば誰かのアフィIDに書き換えることも可能なので信頼性のないScriptは安易にインストールしないようにしてください。一旦ソースを見てみましょう。

Scriptを適用させるサイト(URL)の追加や除外はFirefoxの一番上のツール>GreaseMonkey>ユーザスクリプトの管理>DeleteAppAfiLinkでできます。*アスタリスクでワイルドカードが使用できます。

※Googleリーダー上ではなぜか反映されないっぽいので注意が必要です。つまりアフィリンクそのままです。
※短縮URL(bit.lyなどなど)にも効果があるかは不明です。

1.GreaseMonkeyをインストール

Greasemonkey :: Add-ons for Firefoxからインストール。再起動。

なにやらIEやChrome向けにも互換ソフトが有るらしい。

2.DeleteAppAfiLinkをインストール

DeleteAppAfiLink.user.jsをクリックしてインストール。

以上で終了です。くぐり抜ける方法が結構ありますけどね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。