石川氏iPadを買ったがために電気通信事業法違反のおそれ。罰金200万円も。

今日、ライブドアのニュース閲覧アプリを見ていて気になった記事がある。記事がガジェット通信なのはここでは置いといて早速要点をまとめてみる。

まず、全米でiPadが発売された翌日(翌々日?)にフジテレビ制作、朝の報道番組とくダネに石川温氏が自分のiPadを紹介するためVTRで登場した。VTRによるとわざわざ発売日にアメリカまで買いに行ったとのこと。

ガジェット通信によると以下のようである。
日本で『iPad』を使うと200万円以下の罰金? - livedoor ニュース

日本で発売されているほとんどの無線LANやBluetoothの機器には、総務省が安全を確認した「技適マーク」(技術基準適合証明)が刻印されている。『iPhone』をチェックしてみたところ、技適マークが背面に刻印されていた(設定画面にも技適マークが表示されていた)。つまり『iPhone』は問題なし。そこで頭に浮かぶのは、技適マークがないのに日本で『iPad』を使ったらどうなるの?というところ。総務省関東総合通信局にお話をうかがったところ、「海外の『iPad』は技適マークがないですよね。なので無線LANは使わないで下さい。電気通信事業法違反になれば200万円以下の罰金ですし、他の違反にも触れる可能性があります。」とのこと。

日本国内で技適マークのついていない無線通信可能な機器(今回の場合輸入iPad)使用すると電気通信事業法違反のおそれがあり、違反すると罰金があるとのこと。
iPadを買って無線通信を利用していないわけがないので上記の違反のおそれがあるということだ。

つまり国内の正規品を買えという教訓である。

 

関連リンク
総務省 電波利用ホームページ | 技適マーク、無線機の購入・使用に関すること
Q. 技適マークが付いていなければ違法になるのですか?
Q. 技適マークが付いていない無線機を使用したらどうなりますか?
Q. 技適マークが付いていない無線機はどうして使用できないのですか?

コメント

非公開コメント