スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターが広がらない理由を考える。

他人の現在を知るのがツイッター。
他人の過去を知るのがブログ。

見出しのような表現を本屋で見たのかテレビで聞いたのか覚えていないが、両者に精通する人はツイッターとブログ(日記)の大きな違いとしてこれを挙げる。

2009年から2010年にかけて、メディアはツイッターを良いところがあると言って大きく取り上げた。その効果もあってか日本国内のツイッター人口も確かに増えている。相変わらず若年層はSNSや自分のウェブページ、ブログ作りが一時期の爆発的勢いは無くなったものツイッターより確実に人気がある。

ツイッターのようなミニブログという形態はブログの親戚(子供か?)であってブログの後に登場した。ここで思い出したいのがブログの登場したときだ。ブログも社会一般に広く認知されるまで今のツイッターのような足跡をたどっている

一部の人が海外から日本へ持ち込む→メディアが取り上げる→日本社会一般に認知

ブログのときは一行で表すとこうだろうか?
ツイッターも大まかにいえばこういう流れなのにブログの時に比べ広がるスピードが遅い。

これはどうしてだろうかと考える。

サイト自体の自由度の低さ

最初に思いついたのが自由度の低さだ。すでに日本人は先述(第2段落)の通り個人のためのウェブページで個性を表現できること(デザインからレイアウトまで自由)を知っておりツイッターにそれができない。(厳密に言えば背景・文字色・写真等は変えられるが)どこまでいっても他人と同じ味気ないデザインは嫌と思う人が多いだろう。

日本人特有のオープン・顔出し・実名への拒絶

次に、会話をオープンにしてまで他人の現在を知ることの需要の少なさ=煩わしさだ。ツイッターの目的の「現在を共有」することは二人がその瞬間ツイッターに接続していないと実現不可能だ。まずこれがいつでも接続してコミュニケーション可能なブログという過去を扱う形態に比べ煩わしい。

会話をオープンにしてまでというところに触れよう。ツイッターでは@から始めれば当事者をフォローしている人以外のタイムライン上には表示されないが、他人であっても普通の手段で全ツイートを読めてしまう。

それなら同じ「現在を共有」するツールのメール(ショートメッセージ)で十分ではないか。(電話でも同じ)メールはブログとミニブログの両方の特性を併せ持ちつつ会話をクローズドにコミュニケーションが可能である。

メールはすぐに返信すれば現在を共有できる、あとから返信すれば過去を共有できる。会話をオープンにする必要性が正しく説かれていない現状では日本人はメールで十分だという結論にいたるのが普通である。

この必要性について、会話をオープンにすることで見知らぬ他人との意外なつながりが生まれるはずだと間違いなく反論されるだろう。だがそれはSNSで十分まかなえる。

また、ツイッターはブログにするほどでもない内容に最適だとか、情報の速報性に長けるとでも反論されるだろうが今回はツイッターの優位点をまとめたいのではなくツイッターの広がらない理由を書いているのでそれに対する反論は割愛させて頂く。

まとめ

SNSで人を見つけてメールでコミュニケーションというかたちが一番日本人にあっているのではないか。つまりツイッターが日本でブログに比べ広まらないのは、まず自由度の低さが挙げられ、次に日本人特有のオープンへの拒絶(国民性)が挙げれれる。前者はツイッター次第で改善可能である。だが後者についてはツイッター側ではどうしようもできないことである。

YouTubeで顔から下の映像をアップロードしてしまう国民性、同様にSNSで顔写真を使わない国民性、SNSで本名を完全オープンにしない国民性。

この国民性が変わらぬかぎり日本でのツイッターの広まりは(メールもあるから)ブログの時に比べ遅いままであろう。だから私はツイッターに、他の方法や他サービスにはないものを見つけることができず、ツイッターの良さが分からない。

日本人には古くから慣れ親しんだメール(ショートメッセージング)でのコミュニケーションが最適なのだろう。

あとがき

なお、私はツイッター関連本をまだ一冊も読んでいない。読んでいない人間が上記の考えをしていることを最後に書いておく。読んだのち考えが変わったらまた長文を書きたい。

コメント

非公開コメント

Twitter関連本を読むよりも、実際にお使いになった方がよろしいかと思います。たとえば、「オープン・顔出し・実名だから広がらない」なんてのは、一瞬でも使ったことがあればすぐに間違いだと分かるはず。たとえばmixiなんかよりもよほど匿名性の高い使い方が可能です。複数アカウント取得も別に禁じられていませんし。

そもそも「ミニブログ」とか「他人の現在を知る」という捉え方そのものが間違っていますね。メディアで「ミニブログ」という扱いで紹介されるたびに失笑しているんですが。

連投すみません。
と、右のコラムを見たら……Twitter使ってらっしゃるじゃないですか。

ということは、「オープン・顔出し・実名だから広がらない」ってのは間違いと言うよりミスリードですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。